広くて響きの良い木のスタジオで気持ち良く吹いて、のびのび上達! 国立市のフルート教室ならフルル

国立市のフルート教室ならフルル | 国立 フルート教室 フルル・フルートプロジェクト国立市のフルート教室ならフルル | 国立 フルート教室 フルル・フルートプロジェクト

国立市のフルート教室ならフルル | 国立 フルート教室 フルル・フルートプロジェクト
  1. Home
  2. 試聴曲の解説集
  3. 9月の試聴曲について

試聴曲の解説集試聴曲の解説集

エントリー

2016.09.01

9月の試聴曲について

ラヴェル作曲 「亡き王女のためのパヴァーヌ」

7、8月は今年生誕150年のサティの曲をお聴きいただきました。
今月登場のラヴェルは子供の時、お父さんに連れられて、サティがピアノを演奏しているパリのカフェを訪れたそうです。
子供が好きだったサティと、多感な少年の出会い。
世代を超えて天才から天才へ、どんな電流が流れたんでしょうね。

ラヴェルは昼、穴を開けて星に見立てた雨戸を閉めて休み、
夜に作曲した人だそうです。

以前、彼がシャム猫を抱いている写真を見たことがあります。
私もシャム猫と暮らしたことがあるのですが、夜中に机に向かっているといつも手伝ってくれました。(時々船を漕ぎながら)
私のイメージですが、あの写真の猫もきっと、夜型の彼の作曲を 手伝っていたんだと思います。

ここからは、もっと私のイメージ。
この曲は、目を閉じると満天の星空を見せてくれます。
そして、星になってしまった、今は亡き大切な生命達が、
明るく輝いて、微笑みかけてくれるように感じさせてくれます。

小さな曲の中に広がる、大きな宇宙空間と懐かしい時空間!

ところであなたが、
あなたの大切な「亡き王女」達と出会えるのはどんな曲ですか。

奥原由子

ページ移動

CD CD 体験レッスン受付中! お問い合わせ お子さんの初めての楽器として 中高年、今こそ!心と頭と身体のために 働き盛りの気分転換に 子育てお母さんのチョット息抜きに 前に吹いていた方夢を再び アンサンブルを楽しみたい方 音符、リズム、苦手さんも 体力、肺活量、自信がなくても ブラス部員のレベルアップに 今月の試聴曲をどうぞ▶