広くて響きの良い木のスタジオで気持ち良く吹いて、のびのび上達! 国立市のフルート教室ならフルル

国立市のフルート教室ならフルル | 国立 フルート教室 フルル・フルートプロジェクト国立市のフルート教室ならフルル | 国立 フルート教室 フルル・フルートプロジェクト

国立市のフルート教室ならフルル | 国立 フルート教室 フルル・フルートプロジェクト
  1. Home
  2. 講師演奏曲の解説集

講師演奏曲の解説集講師演奏曲の解説集

エントリー

2022.09.01

9月の講師演奏曲について

ヴェルディ作曲 シチリアーナ「シチリアの夕べの祈り」より

この曲はオペラの中のアリア。結婚式でお花をもらった花嫁が「お花をありがとう」と歌う。
舞台は戦争の絶えなかった時代のシチリア。敵対する勢力双方の二人が出会い何とか結婚式まで漕ぎ着けるが、直後悲劇に見舞われる。
言わば、シチリア版“ロミオとジュリエット”。新しくは、“ウエストサイドストーリー”。
人類はいつになったらこんな悲劇を繰り返さなくなるんでしょうか。

この曲には、「今は生きている!」という喜びが溢れています。
緊迫した過酷な状況に屈しない、誇り高い気っ風の良さが爽快です。
その上、明るい希望さえも響き渡ります。

作者ヴェルディの生きた時代は、イタリア独立運動の最中でした。
彼は周囲の人々を励ましたいとの願いを込めてオペラを作曲しました。
そんなヴェルディは、今でもイタリア人にとって心のヒーローのようです。

奥原由子

2022.08.02

8月の講師演奏曲について

ヴィヴァルディ作曲 かわらひわ

暑いですね。
今月も水辺に惹かれちゃいました。
ひんやりと澄んだ流れの辺りの木陰でゆったりしたいですよね。
小鳥の声を楽しみながら。

ところで、最近鳥達の囀りの意味するところが解ってきているようですね。
複数の種類の小鳥達が、共通の状況に遭遇し、それぞれ独自の鳴き方で鳴きますが、お互いに理解しあっていることも解ったそうです。
興味深いです。

でも、普段いつも聴こえてくる鳥の声の意味が全部解ったら、どうでしょう、ちょっと疲れるかも。

この曲のようにイメージを音楽で表現されたのは大歓迎です。
ヴィヴァルディの音楽は、本当に好きです。

奥原由子

2022.07.04

7月の講師演奏曲について

シューベルト作曲 ます

地球温暖化をしっかり思い知らされる猛暑!
人類一丸となって知恵を結集しなければならないのに、連日伝えられる理不尽なニュース。

こんな昨今、この曲から聴こえてくる冷え冷えの清流の響きは救いです。

ヨーロッパには、「水の精達の笑いさざめく声の聴こえるところに悪魔は近付けない」という言い伝えがあるようです。
全人類が清流のほとりで、彼女達の明るいさざめきと、心地よい涼風を満喫できる日を祈りたいです。

奥原由子

2022.06.02

6月の講師演奏曲について

メンデルスゾーン作曲 歌の翼に

先月に続きメンデルスゾーンの名曲。
この曲は「無言歌」ではなく、ハイネの詩に作曲された歌曲です。
詩の内容は、
「歌の翼に愛するあなたを乗せて、パラダイスに運んでいこう。
そして恋と安らぎを味わい、幸せの夢を見ましょう。」
というもの。

ピアノパートは、絶え間なく優しく吹き上げつつ、「翼」を運んでいく風の様。
その浮遊する「翼」の軌跡のようなメロディは心地よくて美しい!

歌詞がなくても情景が伝わってくる!
まるで「無言歌」!

古今、人間はいつも空を飛ぶことに憧れる。
ドラえもんのタケコプター、魔女の宅急便のほうき、etc.
そしていよいよ、空飛ぶクルマが実現するらしい。

私、個人的には、地上でこんな曲を吹きながら、浮遊するイメージに浸る方が断然好きですが。

奥原由子

2022.05.10

5月の講師演奏曲について

メンデルスゾーン作曲 春の歌

「無言歌集」と名付けられたピアノ曲集の中の1曲。
天才って、凡人には想像できない程の能力の持ち主なんだと改めて驚きます。

メンデルスゾーンは絵も上手。非の打ち所がない緻密で美しい絵が残されています。
多数作曲された「無言歌集」では、視覚や言語の力を借りずに、音だけで情景や印象や気持ちが表現されています。

この曲から響いてくる「春」、素敵ですよね。
明るく心地よい日差し、緑のそよ風、ウキウキワクワク、喜び、希望…。
等々全ての素晴らしさがイメージされる! 本当に天才!!!

今、人間界は喜べない現実に覆われています。
でも、母なる地球はしっかり春を贈ってくれました。
1日も早く、世界中の人々が、手を取り合って春を喜べる日が来ることを祈るばかりです。

そんなことを願いつつ、この曲を聴いています。

奥原由子

2022.04.01

4月の講師演奏曲について

イギリスca1600 グリーンスリーブス変奏曲

グリーンスリーブスのメロディは作者不詳で16世紀中頃から口頭伝承で受け継がれ、17世紀には誰もが知っている曲になったらしい。

庶民の自己表現の雪解けの時代でした。
なぜか心に残るメロディが、人々の悲喜交交の気持ちとピッタリ結び付いて奔り出たんでしょうか。様々な歌詞で歌われました。

器楽でも変奏され親しまれていましたが、ここで演奏しているのは、それを元にしたものです。
失恋ではなく、当時の人々の生き生きとした生命力を感じられるバージョンを採用しました。

おおらかに響く歌声も躍動するダンスも魅力的。
彼らを取り囲む自然や田園風景も彷彿とします。
私の故郷でも祖先でもないのになぜか懐かしいです。

意気消沈しがちな今、元気の元を呼び覚ましてもらえるような気がします。「今日があることを喜びなさい!」と。

奥原由子

2022.03.01

3月の講師演奏曲について

ゴセック作曲 タンブラン

2月中「本音トーク」に、「繰り返される一定のリズム+メロディ」の心身にもたらす良い影響をレポートしました。
それで浮かんできたのがこの曲です。

太鼓を模したピアノのリズムに乗ってメロディが喜ばしく躍動します。
ここでは二人がかりですが、フランスの伝統音楽タンブランは、一人の奏者が両方同時に奏します。片手は腰に下げた太鼓でリズムを打ち、もう片手は笛でメロディを奏でます。

信じられないことでしたが、一度テレビで観てビックリ、ホントだった!
南フランスの野原でのお祭り。大人も子供ものびのびと演奏し、人々が笑顔で軽やかに踊っていました。
明るい日差しのもと、緑の野原で繰り広げられる、生き生きとした喜び溢れる光景は忘れられません。

日差ダケはようやく春めいてきました。
が、残念ながらこの春も、仲間と集まってワイワイとはいきませんよね。
そこで、こんな曲を口ずさみながら、軽快にウォーキング。
これなら一人でも楽しめます!

奥原由子

2022.02.02

2月の講師演奏曲について

モーツァルト作曲 フルート四重奏曲第1番 第1楽章

21歳の秋、モーツァルトは、就活の旅に故郷を出発します。
その年の12月に書かれたこの曲は、颯爽と希望に向かって駆け登るように始まります。
終始若々しい息吹に溢れたこの曲ですが、順風満帆だから生まれたんではないんです。

かつて、幼少の彼を神童として大歓迎したマンハイム。
しかし、大人に成長した天才は受け入れません。
ショックだった上に次の街を目指す費用にも事欠いていた時に作曲された曲なんです。
その後、生涯にわたって安定した地位は得られなかった人生の始まりです。

そんな彼の、陰りのない明るい曲の中には、深刻なダークな響きがこっそり混ぜ込まれていることが多々あります。
後年には、そのダークさはとても深いものになっていきますが、この曲の中からもすでに聴こえてきます。
この曲を、
「走る悲しみ、涙は追いつかない。」
と表現した伝記作家がいましたが、言い得て妙だと思います。

どんな時にも、聴く人に喜びをもたらす音楽を紡ぎ出したモーツァルト。
私事ですが、これまで彼の音楽にどのくらい助けられたかしれません。
感謝感謝です。

息を凝らして縮こまりがちな現在、窮状をものともせず走り続けてみせてくれる彼の音楽はありがたい!

奥原由子

2022.01.06

1月の講師演奏曲について

J.シュトラウス作曲 「春の声」

いつ聴いても、フレッシュな希望と明るい幸福感をもらえる曲ですよね。

若々しいこの曲ですが、生み出したのは何と、58才のシュトラウスと71才の巨匠リストです。
二人の中高年は、あるパーティで顔を合わせ、遊びながら作ってしまったのがこの曲だそうです。

後日、このメロディに触発された友人の脚本家ジュネが歌詞をつけます。
「春が来て、ヒバリは空高く舞い上がり、万物に生命が蘇り、悩みは皆消えてしまう……」

それを、ビアンキという名ソプラノ歌手が初演し大好評。

なんと素敵な大人のネットワークでしょう!

歳を重ねる間、苦難に出会っても、彼らは前向きな希望を持ち続けました。
その衰えを知らない情熱を支えていたのは、こういう音楽だったんですね。

今年も私たちの春は、「悩みは全て消え、全て良くなる……」とはいかないようですね。こんなときだからこそ、先人たちの残してくれた素晴らしい音楽からパワーをもらって、励まし合いながら乗り切りましょう!

奥原由子

2021.12.03

12月の講師演奏曲について

J・シュトラウス作曲 トリッチ・トラッチポルカ

コロナが収束しないまま、もう12月。
なかなか晴れ晴れとしないけど、時はどんどん過ぎていく。
固まって待っていても勿体無いなあ、とつくづく思う今日この頃。

そんなことを考えていたらこの曲を思い出しました。

底抜けに明るく軽やかな曲。
クラシックの音楽で、こんな曲は意外にも例外。

彼の生きた時代も環境も、カラカラに明るかったわけじゃない。
個人的にも、いつも順風満帆だったわけでもない。
にもかかわらず、彼の心意気から紡ぎ出された音楽はいつも前向き。

この曲も、まるで向かい風を跳ね返しながら、笑顔で走ってるみたい。

今、こんな音楽がありがたい。
希望に満ちた新年を迎えるために!

奥原由子

ページ移動

CD CD 体験レッスン受付中! お問い合わせ お子さんの初めての楽器として 中高年、今こそ!心と頭と身体のために 働き盛りの気分転換に 子育てお母さんのチョット息抜きに 前に吹いていた方夢を再び アンサンブルを楽しみたい方 音符、リズム、苦手さんも 体力、肺活量、自信がなくても ブラス部員のレベルアップに 今月の試聴曲をどうぞ▶