体験レッスン受付中!

楽譜楽譜

  • FLL-1 フルート教本 フルル フルート トゥルル

    教本/FLL-1
    フルート教本
    フルル フルート トゥルル

  • FLL-4 フルル・フルート名曲集2≪春の声≫

    名曲集(楽譜)/FLL-4
    フルル・フルート名曲集2
    ≪春の声≫

  • FLL-8 世界のメロディー集 ≪デビューのために≫

    名曲集(楽譜)/FLL-8
    世界のメロディー集
    ≪デビューのために≫

  • FLL-6 フルル・フルート名曲集3 モーツァルトー春への憧れ

    名曲集(楽譜)/FLL-6
    フルル・フルート名曲集3
    《春への憧れ》


CDCD

  • FLL-2 春の歌 奥原由子 フルート・アルバム

    CD/FLL-2
    奥原由子
    フルート・アルバム
    春シリーズ第1集
    《春の歌》

  • FLL-3 春の声 奥原由子 フルート・アルバム

    CD/FLL-3
    奥原由子
    フルート・アルバム
    春シリーズ第2集
    《春の声》

  • FLL-5 春への憧れ フルート・アルバム

    CD/FLL-5
    奥原由子
    フルート・アルバム
    春シリーズ第3集
    《春への憧れ》
    モーツァルト名曲集


本音トーク! 掲示板 講師演奏曲の解説集

今月の講師演奏曲今月の講師演奏曲

ラヴェル作曲

亡き王女のためのパヴァーヌ

Fululu Flute Project · 亡き王女のためのパヴァーヌ
解説は講師演奏曲の解説集

サウンドクラウドは無料アプリです。
アプリのダウンロードはこちら


講師演奏曲の解説集講師演奏曲の解説集

2021.09.07

9月の講師演奏曲について

ラヴェル作曲 「亡き王女のためのパヴァーヌ」

ラヴェルのお父さんは音楽好きで、息子の才能を見抜き、大切に育ててくれました。
少年ラヴェルと、先月お聴きいただいたサティを出会わせたのも、お父さんだったようです。

若いラヴェルの敏感な心に、サティの温かな音楽は瞬く間に深く染み込んだのでしょう。
以来ラヴェルはサティを敬愛し続けました。

さて、この曲の「王女」は誰なのかは、本人が書き残してないので、色々推測されています。パヴァーヌがスペインの舞曲であり、彼のお母さんがスペイン人だったことから、最近は「お母さん説」が有力です。彼女は美しい声で歌ってくれていたようです。

緻密な完全主義者のラヴェル。一分の隙も無いファッションで、キッチリと武装している写真が残っています。
でもそんな外見と違い、彼の心の中からは、自由だけど繊細で温かい音楽が流れ出してきます。

この小さな曲は、私の心に広大な世界を呼び覚ましてくれます。
それは、愛おしく懐かしい人達が皆微笑んでいる、星空の彼方の天国。

あなたの心にはどんな世界が浮かび上がってくるのでしょうか?

奥原由子.

2021.08.05

8月の講師演奏曲について

サティ作曲 ジムノペディ

暑い上にコロナのストレス。
弱音は吐きたくないけど、キツイですよね。

こんな時はこの曲。
頭も気持ちも身体も鎮めてくれます。

「元気出せ」「がんばれ」なんて絶対言わないで、穏やかに100%の優しさで包んでくれる。

こんな音楽を紡ぎ出した人がいたなんて奇跡です。
と、改めて思います。

ありがたくお世話になりましょう。
一緒にゆったりと深呼吸させてもらいます。

ありがとう、サティさん!

奥原由子

2021.07.05

7月の講師演奏曲について

ヴィヴァルディ作曲 ピッコロ協奏曲より第2楽章

この曲、哀愁を帯びたメロディが、切々と心に沁みます。
先月お聴きいただいた「かわらひわ」と同じく笛のための協奏曲の第2楽章ですが、雰囲気は対照的です。

バロック時代には、「光と影」のコントラストが好まれました。
響の明暗もテンポも雰囲気も、徐々に移り変わるグラデーションではなく、キッパリと表現し分けられることが多いです。

光があるから影が、また影があるから光が、より一層ハッキリと感じられるのでしょう。

眩しいように明るい「かわらひわ」と、陰りのある心の内を語るようなこのピッコロ協奏曲、交互に聴き比べてみてください。

光と影が交差する複雑な人生を歩んだヴィヴァルディの、悲喜交々が聴こえてくるように感じられます。

奥原由子

ページ移動