広くて響きの良い木のスタジオで気持ち良く吹いて、のびのび上達! 国立市のフルート教室ならフルル

国立市のフルート教室ならフルル | 国立 フルート教室 フルル・フルートプロジェクト国立市のフルート教室ならフルル | 国立 フルート教室 フルル・フルートプロジェクト

国立市のフルート教室ならフルル | 国立 フルート教室 フルル・フルートプロジェクト

体験レッスン受付中!

楽譜楽譜

  • FLL-1 フルート教本 フルル フルート トゥルル

    教本/FLL-1
    フルート教本
    フルル フルート トゥルル

  • FLL-4 フルル・フルート名曲集2≪春の声≫

    名曲集(楽譜)/FLL-4
    フルル・フルート名曲集2
    ≪春の声≫

  • FLL-8 世界のメロディー集 ≪デビューのために≫

    名曲集(楽譜)/FLL-8
    世界のメロディー集
    ≪デビューのために≫

  • FLL-6 フルル・フルート名曲集3 モーツァルトー春への憧れ

    名曲集(楽譜)/FLL-6
    フルル・フルート名曲集3
    《春への憧れ》


CDCD

  • FLL-2 春の歌 奥原由子 フルート・アルバム

    CD/FLL-2
    奥原由子
    フルート・アルバム
    春シリーズ第1集
    《春の歌》

  • FLL-3 春の声 奥原由子 フルート・アルバム

    CD/FLL-3
    奥原由子
    フルート・アルバム
    春シリーズ第2集
    《春の声》

  • FLL-5 春への憧れ フルート・アルバム

    CD/FLL-5
    奥原由子
    フルート・アルバム
    春シリーズ第3集
    《春への憧れ》
    モーツァルト名曲集


本音トーク! 掲示板 試聴曲の解説集

今月の試聴曲今月の試聴曲

ゴセック作曲 タンブラン

タンブラン

CDアルバム“春の歌”より
解説は試聴曲の解説集

試聴曲の解説集試聴曲の解説集

2019.04.01

4月の試聴曲について

ゴセック作曲 タンブラン

春爛漫。戸外を歩きたくなるこの時期にピッタリ。笛と太鼓で心ウキウキ、身体もウキウキ小躍りさせてくれる曲をお楽しみください。

タンブランはフランスのプロバンス地方の小太鼓です。
この太鼓を使ったり、その響きをイメージした音楽もタンブランというようです。

そのプロバンスの村祭りで、肩から掛けた小太鼓を左手で打ちながら、右手で縦笛を吹いている光景をテレビで見たことがあります。奏者は年配の方もいれば、少年もいました。凄い技ですが、見様見真似、口伝で伝承されたものなんですね。その演奏に鼓舞され、人々がトントンと踊るわけです。

このゴセック作曲のタンブランもそんな雰囲気を彷彿とさせてくれます。
でも残念ながら、私は一人二役は断念!
笛とピアノ二人掛かりで、4本の腕と20本の指を使わせていただきます。
桜吹雪などイメージして、ご一緒にステップを踏んでいただけたら嬉しいです。

奥原由子

2019.03.01

3月の試聴曲について

メンデルスゾーン作曲 歌の翼に

近付いてくる春の気配を感じながら、ひととき音楽に乗っての旅はいかがでしょうか。

ハイネの詩にメンデルスゾーンが作曲しました。
「愛するあなたを歌の翼にのせて、パラダイスに運んでいこう。そして安らぎを味わい、幸福の夢を見ましょう。」 といった詩。

大空を漂う様な、なんとも気持ちの良いメロディ。天才ならではの名曲ですね。
ピアノの音形にも耳を傾けてみてください。絶え間無く上空に向かって優しい風を送り続け、翼の飛翔を支えているかのようです。

自由に空を飛ぶのは私達の永遠の夢。映画やアニメの世界でも繰り返し描かれますよね。メンデルスゾーンは、なんと音楽だけで、私達を乗せて浮かび上がらせてくれます。
しばし目を閉じてイメージを膨らませてみてください。きっとパラダイスに運んでもらえますから。

奥原由子

2019.02.01

2月の試聴曲について

モーツァルト作曲 ラルゲット

寒い日が続いていますが、こんな優しい曲で心を温めてもらえればと選びました。

先月お聴きいただいた曲は、血気盛んな二十歳の頃の、前だけ見据えて走るような生き生きとした音楽。今月の曲は、モーツァルト最後の年に書かれた最後のピアノ協奏曲の第2楽章です。(第3楽章は「春への憧れ」のメロディが印象的)

このメロディは、彼が以前に自動オルガンのための曲として書かれたものです。その後、フルート四重奏にも使われました。
人気、収入、健康、全てを無くしたこの時、なぜまたこのメロディなのでしょう。

ここからは私の妄想。
人生のどん底で彼の心に浮かび上がってきたこのメロディ。不思議な静けさとほの明るさを持った子守唄のようです。
すでに天国にいる両親、幸せだった子供時代、愛妻と子供達、等々これまでの人生全てが「愛おしい」と歌っているように聴こえます。まるで過去が走馬灯の様に回っているみたい。

この協奏曲で、彼は次の時代の音楽世界を切り開いたと言われています。
人生の締めくくりに書かれたのに、悲劇のヒーローっぽくもなく、声を荒げるでもありません。一見淡々と聴こえる音楽の中に、音楽史上空前絶後の深さが込められています。

悲喜交々、でも生きることは素晴らしい、と感じさせてくれます。
こんな音楽を残してくれた天才に、ひたすら感謝を捧げたいと思います。

奥原由子

ページ移動