広くて響きの良い木のスタジオで気持ち良く吹いて、のびのび上達! 国立市のフルート教室ならフルル

国立市のフルート教室ならフルル | 国立 フルート教室 フルル・フルートプロジェクト国立市のフルート教室ならフルル | 国立 フルート教室 フルル・フルートプロジェクト

国立市のフルート教室ならフルル | 国立 フルート教室 フルル・フルートプロジェクト

体験レッスン受付中!

楽譜楽譜

  • FLL-1 フルート教本 フルル フルート トゥルル

    教本/FLL-1
    フルート教本
    フルル フルート トゥルル

  • FLL-4 フルル・フルート名曲集2≪春の声≫

    名曲集(楽譜)/FLL-4
    フルル・フルート名曲集2
    ≪春の声≫

  • FLL-8 世界のメロディー集 ≪デビューのために≫

    名曲集(楽譜)/FLL-8
    世界のメロディー集
    ≪デビューのために≫

  • FLL-6 フルル・フルート名曲集3 モーツァルトー春への憧れ

    名曲集(楽譜)/FLL-6
    フルル・フルート名曲集3
    《春への憧れ》


CDCD

  • FLL-2 春の歌 奥原由子 フルート・アルバム

    CD/FLL-2
    奥原由子
    フルート・アルバム
    春シリーズ第1集
    《春の歌》

  • FLL-3 春の声 奥原由子 フルート・アルバム

    CD/FLL-3
    奥原由子
    フルート・アルバム
    春シリーズ第2集
    《春の声》

  • FLL-5 春への憧れ フルート・アルバム

    CD/FLL-5
    奥原由子
    フルート・アルバム
    春シリーズ第3集
    《春への憧れ》
    モーツァルト名曲集


本音トーク! 掲示板 講師演奏曲の解説集

今月の講師演奏曲今月の講師演奏曲

ヘンデル 作曲

「オンブラ・マイ・フ」

Fululu Flute Project · いとしい愛らしい緑の木陰(オンブラ・マイ・フ)
解説は講師演奏曲の解説集

サウンドクラウドは無料アプリです。
アプリのダウンロードはこちら


講師演奏曲の解説集講師演奏曲の解説集

2021.04.01

4月の講師演奏曲について

ヘンデル 作曲 「いとしい愛らしい緑の木陰」

こんな状況下でも爽やかな新緑の季節は来てくれます。

オンブラ・マイフとして親しまれているこの歌の歌詞は、
「こんなにも心地よく愛らしい木陰はかつてなかった。」
という感動を歌ったもの。

オペラでは、この歌の前に次のような語りが先行します。
「優しく美しいプラタナスの葉よ、運命はお前たちのために輝いている。
雷も嵐もそれを邪魔はしないよ。」
といった内容。

仕事でもプライベートでも、嵐のように過酷な状況を、常に雄々しく乗り越えつつ歩んだ作者ヘンデル。この曲は、そんな彼の心から流れ出た、静かだけれど深い感動。
それはあたかも、今の私たちの気持ちを代弁してくれるかのようです。

素晴らしい音楽や新緑から「大丈夫だよ!」をもらいつつ、前向きに過ごしたいです。

奥原由子

2021.03.01

3月の講師演奏曲について

メンデルスゾーン 作曲 「歌の翼に」

「歌の翼に愛するあなたをのせて、パラダイスに運んで行こう。そして安らぎを味わい、幸せの夢を見ましょう。」
という歌です。

コロナに巻き込まれて、息苦しい空気に包まれて約1年。
この歌は、今正に私たちの願望ですよね。

優しく吹き上げる上昇気流のようなピアノ伴奏に乗って、ひと時気持ち良く浮遊してください。

冗談では無く、この曲にはそんなパワーがあるんです!
私事ですが、繰り返しこの曲を練習していたある夜、夢で空を飛んでしまったんですよ。住み慣れた街の上空をフワフワと。駅前ロータリーを眺め、ガードをくぐりと、かなりリアルに覚えています。

今度ぜひ、未だ見ぬパラダイスまで飛びたいです。
マスク無しで、ご一緒に。

奥原由子

2021.02.02

2月の講師演奏曲について

シューベルト作曲 「菩提樹」

音楽に表現されているものには、二つのタイプがあるようです。
一つは、作者あるいは登場人物が、表現しようとする世界にいるもの。
もう一つは、現実には無いけれど、憧れている世界。
名曲にはこの二つ目のタイプが多いように思います

先々月の、ベートーヴェンの「喜びの歌」。あの曲の描いた世界、“人類皆で愛し合い抱き合おう”は、いまだに実現されていませんよね。
先月の「春への憧れ」は、モーツァルト がどん底の状態にある真っ暗な1月に描いた、これ以上無いほど明るく軽やかで清々しい春の曲。
そして、今月の「菩提樹」もこのタイプ。

原曲は歌曲集「冬の旅」中の一曲。
舞台は階級制度の厳しい時代。主人公は、それを越えようという夢にやぶれ、苦しい旅をする貧しい若者。その若者の心に、泉のほとりの菩提樹は「友よ、おまえの安らぎはここにあるよ。」と語りかけてくれます。

どっしりと包容力に満ちた大樹。豊かに茂る緑の葉の心地良いそよぎを、シューベルトは見事に表現してしまった!
状況を知らずに聴いたらまんまと騙されてしまう。
彼は、心地よい新緑を満喫しているんだと。

今まで体験したことの無い、重苦しい冬を旅している私達。
こんな時だからこそ、憧れを描いた音楽は、力強く心の奥底まで届き、癒し、希望を与えてくれるように感じています。

目をつぶってシューベルトの夢にすっぽり巻き込まれて、深呼吸させてもらいましょう。

奥原由子

ページ移動