広くて響きの良い木のスタジオで気持ち良く吹いて、のびのび上達! 国立市のフルート教室ならフルル

国立市のフルート教室ならフルル | 国立 フルート教室 フルル・フルートプロジェクト国立市のフルート教室ならフルル | 国立 フルート教室 フルル・フルートプロジェクト

国立市のフルート教室ならフルル | 国立 フルート教室 フルル・フルートプロジェクト

体験レッスン受付中!

楽譜楽譜

  • FLL-1 フルート教本 フルル フルート トゥルル

    教本/FLL-1
    フルート教本
    フルル フルート トゥルル

  • FLL-4 フルル・フルート名曲集2≪春の声≫

    名曲集(楽譜)/FLL-4
    フルル・フルート名曲集2
    ≪春の声≫

  • FLL-8 世界のメロディー集 ≪デビューのために≫

    名曲集(楽譜)/FLL-8
    世界のメロディー集
    ≪デビューのために≫

  • FLL-6 フルル・フルート名曲集3 モーツァルトー春への憧れ

    名曲集(楽譜)/FLL-6
    フルル・フルート名曲集3
    《春への憧れ》


CDCD

  • FLL-2 春の歌 奥原由子 フルート・アルバム

    CD/FLL-2
    奥原由子
    フルート・アルバム
    春シリーズ第1集
    《春の歌》

  • FLL-3 春の声 奥原由子 フルート・アルバム

    CD/FLL-3
    奥原由子
    フルート・アルバム
    春シリーズ第2集
    《春の声》

  • FLL-5 春への憧れ フルート・アルバム

    CD/FLL-5
    奥原由子
    フルート・アルバム
    春シリーズ第3集
    《春への憧れ》
    モーツァルト名曲集


本音トーク! 掲示板 講師演奏曲の解説集

今月の講師演奏曲今月の講師演奏曲

ヴェルディ作曲

シチリアーナ「シチリアの夕べの祈り」より

Fululu Flute Project · シチリアーナ「シチリアの夕べの祈り」より
解説は講師演奏曲の解説集

サウンドクラウドは無料アプリです。
アプリのダウンロードはこちら


講師演奏曲の解説集講師演奏曲の解説集

2022.09.01

9月の講師演奏曲について

ヴェルディ作曲 シチリアーナ「シチリアの夕べの祈り」より

この曲はオペラの中のアリア。結婚式でお花をもらった花嫁が「お花をありがとう」と歌う。
舞台は戦争の絶えなかった時代のシチリア。敵対する勢力双方の二人が出会い何とか結婚式まで漕ぎ着けるが、直後悲劇に見舞われる。
言わば、シチリア版“ロミオとジュリエット”。新しくは、“ウエストサイドストーリー”。
人類はいつになったらこんな悲劇を繰り返さなくなるんでしょうか。

この曲には、「今は生きている!」という喜びが溢れています。
緊迫した過酷な状況に屈しない、誇り高い気っ風の良さが爽快です。
その上、明るい希望さえも響き渡ります。

作者ヴェルディの生きた時代は、イタリア独立運動の最中でした。
彼は周囲の人々を励ましたいとの願いを込めてオペラを作曲しました。
そんなヴェルディは、今でもイタリア人にとって心のヒーローのようです。

奥原由子

2022.08.02

8月の講師演奏曲について

ヴィヴァルディ作曲 かわらひわ

暑いですね。
今月も水辺に惹かれちゃいました。
ひんやりと澄んだ流れの辺りの木陰でゆったりしたいですよね。
小鳥の声を楽しみながら。

ところで、最近鳥達の囀りの意味するところが解ってきているようですね。
複数の種類の小鳥達が、共通の状況に遭遇し、それぞれ独自の鳴き方で鳴きますが、お互いに理解しあっていることも解ったそうです。
興味深いです。

でも、普段いつも聴こえてくる鳥の声の意味が全部解ったら、どうでしょう、ちょっと疲れるかも。

この曲のようにイメージを音楽で表現されたのは大歓迎です。
ヴィヴァルディの音楽は、本当に好きです。

奥原由子

2022.07.04

7月の講師演奏曲について

シューベルト作曲 ます

地球温暖化をしっかり思い知らされる猛暑!
人類一丸となって知恵を結集しなければならないのに、連日伝えられる理不尽なニュース。

こんな昨今、この曲から聴こえてくる冷え冷えの清流の響きは救いです。

ヨーロッパには、「水の精達の笑いさざめく声の聴こえるところに悪魔は近付けない」という言い伝えがあるようです。
全人類が清流のほとりで、彼女達の明るいさざめきと、心地よい涼風を満喫できる日を祈りたいです。

奥原由子

2022.06.02

6月の講師演奏曲について

メンデルスゾーン作曲 歌の翼に

先月に続きメンデルスゾーンの名曲。
この曲は「無言歌」ではなく、ハイネの詩に作曲された歌曲です。
詩の内容は、
「歌の翼に愛するあなたを乗せて、パラダイスに運んでいこう。
そして恋と安らぎを味わい、幸せの夢を見ましょう。」
というもの。

ピアノパートは、絶え間なく優しく吹き上げつつ、「翼」を運んでいく風の様。
その浮遊する「翼」の軌跡のようなメロディは心地よくて美しい!

歌詞がなくても情景が伝わってくる!
まるで「無言歌」!

古今、人間はいつも空を飛ぶことに憧れる。
ドラえもんのタケコプター、魔女の宅急便のほうき、etc.
そしていよいよ、空飛ぶクルマが実現するらしい。

私、個人的には、地上でこんな曲を吹きながら、浮遊するイメージに浸る方が断然好きですが。

奥原由子

ページ移動